ホーム>商品販売はコミュニケーション>商品の構造と構成要素
商品販売はコミュニケーション

商品の構造と構成要素

商品の構造と構成要素

工場で生産されたモノは製品で、製品が販売され売れて初めて商品になります。
販売される段階で製品のコストに企業としての利益が乗せられますから、製品を商品に変えるためにはコスト以外の事についても消費者に適切な説明をしなくてはなりません。
つまり 商品開発の段階から、次の四つのテーマや説明の方法なども考えておく必要があります。

1, 物理的要素

色、サイズ、重さ、素材、形、感触、容量、型番、生産工程など、決められた方法で計測及び認知認識が可能なデータを、消費者にとって必要なだけ正しい順序で開示提供します。このカテゴリーの情報は多ければ多い程、市場の安心を生みます。

2, 物理的要素

消費者の生活の中で、その製品が提供され使われるのに最も適した場所を提案することが重要です。どんなタイミングでどのように消費するのかをはっきりさせ、生活シーンのイメージ作りが商品認知ひいては販売に有効です。

3, 物理的要素

製品の特徴特質が消費者にもたらす事の出来る利益を明確化することが必要です。

4, 物理的要素

今何故買うべきかについて、季節、セレモニーなど時間を限定して説明します。一方で限定の数量なども時間的要素として重要です。