ホーム>商品販売はコミュニケーション

商品販売はコミュニケーション

商品の構造と構成要素

商品の構造と構成要素

工場で生産されたモノは製品で、製品が販売され売れて初めて商品になります。
販売される段階で製品のコストに企業としての利益が乗せられますから、製品を商品に変えるためにはコスト以外の事についても消費者に適切な説明をしなくてはなりません。
つまり 商品開発の段階から、次の四つのテーマや説明の方法なども考えておく必要があります。

1, 物理的要素

色、サイズ、重さ、素材、形、感触、容量、型番、生産工程など、決められた方法で計測及び認知認識が可能なデータを、消費者にとって必要なだけ正しい順序で開示提供します。このカテゴリーの情報は多ければ多い程、市場の安心を生みます。

2, 物理的要素

消費者の生活の中で、その製品が提供され使われるのに最も適した場所を提案することが重要です。どんなタイミングでどのように消費するのかをはっきりさせ、生活シーンのイメージ作りが商品認知ひいては販売に有効です。

3, 物理的要素

製品の特徴特質が消費者にもたらす事の出来る利益を明確化することが必要です。

4, 物理的要素

今何故買うべきかについて、季節、セレモニーなど時間を限定して説明します。一方で限定の数量なども時間的要素として重要です。

商品販売はコミュニケーション

商品販売に消費者との適切なコミュニケーションは重要で何よりも大切です。五つの基本にそって情報の開示、商品説明そして消費者との相互理解を組み立てます。

1, お客様の立場に立って素朴に考える

知りたい欲求を充分に満足させよう

色、サイズ、重さ、素材、形、感触、容量、型番、生産工程など、決められた方法で計測及び認知認識が可能なデータを、消費者にとって必要なだけ正しい順序で開示提供します。このカテゴリーの情報は多ければ多い程、市場の安心を生みます。

2, お客様の選択や考え方を否定しない

あなたの意見でこれは生まれました

情報量の多い企業に対してお客は警戒し構えている事を認識しましょう。

3, お客様の購買動機をアタックする

グループ内優越感とエクスキューズ

ライフスタイルの中のどのグループ内で使用されるかが大きな意味を持っています。その商品を購入した事がグループ内で評価されれば、選択に対する優越感を感じてくれますが否定されれば責任は企業へ転嫁されます。

4, お客様の理解できる言葉感じる表現

人の総ての思考は言葉に拠っている

情報の選択や理解、またそれらに関する思考は全て言葉によって行われます。知っている、理解できる、イメージできる言葉を使う事が大切です。

5, お客様の六感を刺激し判断を促す

目に聞こえ耳で見られる演出の工夫

生理的な五感に加え、視覚から得られる聴覚情報や、嗅覚から得られる視覚情報などは、イメージの形でいろいろな判断に影響を与えている事を認識しましょう。